薬剤師







ファルマスタッフ



求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先で薬剤師をサポート
薬剤師さんの転職成功率はなんと90%超の実績
ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、
日本調剤グループが運営している転職エージェント




ファルマスタッフ 無料登録はこちら



http://www.38-8931.com/



リクナビ薬剤師



年間100万人以上の転職を支援するリクルートグループが
運営する「薬剤師専門」のサービス
「求人数」業界トップクラス。大手薬局から町の小さな薬局、
ドラッグストア、製薬会社、病院など、希望を叶える
好条件求人を幅広くラインナップ




リクナビ薬剤師 無料登録はこちら



https://rikunabi-yakuzaishi.jp/




薬剤師WORKER



総合病院、大手薬局、ドラッグストアはもちろん、町の薬局、製薬会社など
常時20,000件を超える求人・非公開求人も多数あり
専任コンサルタントが薬剤師さんとの面談から病院・薬局との交 渉まですべてお任せできる
入職後のアフターフォローも万全・入社後万が一事前の条件と異なる場合など
担当コンサルタントが勤務先に連絡して 問題を解決



薬剤師WORKER 無料登録はこちら



http://www.pharmacist-worker.com/




薬剤師転職ドットコム




東証一部上場グループ メディウェルの薬剤師転職サイト
求人票だけでは分からない現場の雰囲気・人間関係・募集の背景・休暇取得状況
忙しさなど、『本当に知りたい情報』を提供できる。
一人一人の「納得」を1番の判断基準に提案できる求人




薬剤師転職ドットコム 無料登録はこちら



https://www.ph-10.com/




薬剤師専門の派遣・紹介【ファル・メイト】




薬剤師専門の派遣・人材紹介サービス。関東・関西を中心に
日本全国豊富な求人情報を提供
希望のヒアリングから案件の検索まで担当コンサルタントが対応
派遣であれば、関東2800円 関西2700円を最低保障
有給休暇や社会保障等の福利厚生も充実




ファル・メイト 無料登録はこちら



http://www.pharmate.jp/








薬剤師転職サイト 比較

転職したいと望んでいる薬剤師さん向けに、面談の日取りを決めたり合否連絡のことや、退職するに当たっての手続き方法に至るまで、手間の掛かる事務手続きや連絡関係の業務なども手落ちなく援護します。
辺鄙な地方に勤め先を見つければ、よしんば未経験・新人の薬剤師さんでも、薬剤師の平均年収の額を200万円ほど上げた状況で勤務を始める事さえ可能なのです。
強い副作用が認められる薬、調剤薬品は、現時点で薬剤師からの指導がないと、販売してはいけないものでありますから、ドラッグストア各店舗では、薬剤師の存在が望まれています。
医療分業化の影響により、調剤薬局の総数は、コンビニの数を抜いているということらしいです。調剤薬局の事務職での技能というのは地域差がほとんどないので、再就職をするようなとき永遠の経験値、技能として生かすことが可能なのです。

 

 

ネットには求人の情報が多くありますが、調剤薬局の求人募集を探す場合は、頼りになる薬剤師の求人サイトや、転職専門のコンサルタントにお願いすることが良いでしょう。
昨今は、薬剤師を対象にした転職サイトの数が増加しています。個々に多少違いがありますから、しっかりと利用する場合は、自分にフィットするものを使うことが大切です。
医薬分業という役割分担に従って、市街の調剤薬局または全国に支店を構えるドラッグストアという場が、現在の勤務先であるといえ、実のところ薬剤師の転職は、当然のように起こっているのです。
夜間の薬剤師アルバイトとして、どのような就職先が多いかといえば、現在、目立つのはドラッグストアみたいです。深夜までオープンしている店も少なくないためでしょうね。
「空白期間があって復帰する」といった事情だけなら、薬剤師の転職において気にしなくても大丈夫ですが、若くなくパソコンに疎いといったことですと、良い印象を与えないなんてこともあります。
日々の忙しさで単独で転職先を見つけ出すことはできそうもない、と困っている薬剤師さんも心配いらないんです。薬剤師のサポートやバックアップをする相談役に探す作業をしてもらうという道もあるのです。
薬剤師として請け負う仕事が最低限で、商品管理・シフトの決定やアルバイト・パートなどの採用なども仕事の一つです。ドラッグストアに関しては、とてもたくさんの作業を受け持つような体制なのです。
だいたいパートタイムの薬剤師の求人を見つけたいと考えている人は、何かと希望することが多いこともあって、気に入る職場を容易に見つけることは困難で、仕事探しに費やす日数もかなりタイトなのです。
病院に勤めている薬剤師であれば、患者さんに対する服薬指導或いは薬歴の管理業務、お店に勤めるならば在庫を管理することやそのシステム、会計管理とそのシステムに関する知見が不可欠になるでしょう。
最近は、単発ものやアルバイト希望者限定の薬剤師求人サイトといったもののように、単純に職種別の薬剤師の仕事はもちろん、非正規社員用の求人サイトも広まってきたみたいです。
場所によっては、薬剤師が足りない現状が深刻な問題で、「もし薬剤師として働いてくれるのであれば」という姿勢で、労働条件をちゃんと整えて、薬剤師を迎えようとしてくれる地方や地域もあるようです。